管理人のエステ体験日記

Bamboo バンブー(小岩)
慰安そーぷ

  • 日本人
  • 一般

 暑い。とめどなく流れでる汗を拭う度、ユニクロのデオドラントTシャツを着用していようが、自分の汗の臭いで無意識に他人を攻撃してはいないか気になる。

 
脇汗
 

 そして、洗体エステ に行きたいと思う。
 
 初回コースが魅力的な「小岩バリバリ」に電話するも希望の時間に予約を取れず断念。
 
 同じく小岩のBamboo(バンブー)へ。
 

 混雑しているようだがなんとかフリーで予約完了。時間前に予約確認の電話を入れた後、お店へ。場所は小岩駅から徒歩5,6分。

 
 受付後、待合室へ。狭い。待合室には後から他のお客さんが来たので、下斜め45度に視線を落とし、存在感を殺して待機。こういうところでふんぞりかえる客は嫌いだ。
 
 店内は慌しい。とても繁盛している様子。10分程待った後に、パレオに身を包んだ担当嬢に階上の部屋へ案内される。
 
 ちなみに、「フリーだと多分この嬢①が担当になるだろう。運がよければこの嬢②か?」と予想を立てていたのだが、的中し①のセラピスト。嫌な予感って何でこんなに当たるんだろう・・・
 
 とはいえ、ルックスはいまいちなものの、礼儀正しく、その気配りにも好感が持てる。

 
 手前が脱衣所兼休憩所のようなスペース。奥に施術台が置かれた洗体ルームがある。手前のスペースは天井が少し開いていて隣と繋がっているが、洗体ルームは完全個室。
 
 汗を含んだ服を脱いでデカイ紙パンを穿いて・・・いざ洗体!

 

 
 と思ったら・・・
 
 オイルマッサから。orz
 
 システム上、仕方ないのかもしれない。洗体終わったあと身体拭いて、施術台拭いてオイルマッサをするのは大変でしょう。わかる。わかるんだが、汗でべっとりの身体にオイルはあまりにも残念。喉がカラカラなのに、きな粉モチを食べさせられるような違和感。
 

 オイルマッサージも無料OPのリンパもなんちゃってであるが、メインは洗体だから気にしない。
 
 洗体へ。気持ちが良い。オイルの前なら、なお気持ちが良いんだろうが(しつこい)。
 
 それほど広くない洗体ルームの中、嬢は自らのパレオに泡が付着するのも厭わず身体を洗ってくれる。
 
 濃密な洗体、ありがたし。以下自粛、などと言って自らの語彙の不足を誤魔化すのは躊躇われるので、数十分PCの前でウンウン唸って考えてみたが、数十分で頭が良くなる訳もなく。

 
 洗体があるなら、猛暑も悪くもない。と思ったりした夜だった。

 
~体験記09 小岩「Bamboo(バンブー)」編 ≪完≫~
 
※★評価は管理人の超主観的な評価であり、体験時の感想には個人差があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

エリア/カテゴリ

カレンダー

2011年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

↑Pagetop