管理人のエステ体験日記

某アジアンエステ(K区K駅)
洗体エステ動画に目が眩んだ結果 ~或る馬鹿の晩夏の憂鬱

  • アジアン
  • 一般

 K区K駅のアジアンエステ「B」。K区もK駅も、下町の代名詞的な地である。
 
 下町をこよなく愛する自分だが、普段訪れる機会の多いエリアではない。たまたま用事が出来たため、この地を訪問した。そして用事を済ませた私は、以前から気になっていた「B」に電話してみた。晩夏の強い日差しの中、洗体で汗を流しさっぱりしたい気分だった。
 

 電話に出たのは、声から察するに中年の女性。日本語レベルは可もなく不可もなくといったところで、コミュニケーションをとることは可能であった。
 
 この店のHPには、施術動画が掲載されている。この動画が、なかなかいい。施術を受けるのはスレンダーな女性で、施術しているのは、肉感的な女性。受身が女性というのもポイントだけれど(男性の裸体など余り見たくないものだ)、それ以上に、施術している嬢の豊満な身体に目を奪われる。
 
 むっちり。との言葉がぴったりくる、スリムな女性が好きな輩にはデブ呼ばわりされても致し方ない感じでもあるが、個人的には、その谷間やすべすべしていそうな肉付きの良い太ももにムラムラ、もとい、好感を持った。失礼ながら美人ではないものの、この女性は動画で顔を出している。
 
 動画内で源氏名の紹介はないけれど、在籍ページを覘くと、この嬢に間違いないと思われる写真を発見。
 
 それでさっそく、本日現在出勤しているか聞いてみた。すると、「はい、いますよ」と受付女性が答える。では指名でこれから行きます、とお店を目指したのだけれど……。

 
下町のアジアンエステ
 

 雑居ビルの一室。受付や待合所は広く快適だ。顔も身体も丸い中年女性が、私にソファーを勧める。冷たいお茶をいただきながら会計。19時までのキャンペーンで90分10,000円也。
 
 恐らくこのお店は、過激サービスのない、そこそこに男心をくすぐってくれるタイプのアジアンエステだろう。ソフトサービスの分、すれていない嬢がいたり、マッサージ技術に安定感があったりするお店だと、私は推測していた。料金は相場の範疇だろうか。
 

 しばらくして、部屋に案内される。オープンからさほど経過していないため、店内も綺麗だ。受付女性が、半個室のカーテンを開ける。私は、期待に胸を膨らませていた。
 
 が、室内には、年増の痩せている女性が立っていた。私が写真指名(というか動画指名)した嬢は、豊満なぽっちゃり体型で、ずばり巨乳なはずではでないか。
 
 一瞬戸惑ったものの、私は冷静に対処した。我ながら偉いぞ。
 
「あれ? あなた、さ○○さんじゃないよね?」
 
 その痩せた嬢は黙ったまま、目を?にして困惑している。
 戻ろうとする、部屋まで案内してくれた受付女性を私は引き止めた。
 
「私はさ○○さんを、指名したんだけど」
「え? さ○○?」
 
 受付女性は、中国語で痩せた嬢に何やら言っている。痩せた嬢に謝っているようなニュアンスに感じられる。とりあえず、よかった。単純に間違えただけなんだ。受付女性は、一旦待合所のソファーに私を案内する。「さ○○さん、さっき来たばっかり」らしく、急いで準備するとのこと。了解である。

 
 数分後、私はふたたび案内される。先程の半個室はベッドタイプだったが、今度はマットの敷かれた部屋であった。壁際に待機していたのは、20代中頃から後半と思しきスレンダーな女性。おいおい。
 
 私が落胆していると、スレンダー嬢は驚きの挨拶をする。
 
さ○○です。よろしくお願いします」
「え?!(いま名前付ける作戦?)」
 
 私は受付女性の顔をじっと見る。彼女も私の顔を見ている。私の出方を窺っている気がする。そうか。写真指名なんて、適当なお店なんだ。新規客が写真指名しようが、適当な嬢を振りわけるお店なんだ。と、遅ればせながらに理解した。一瞬のあいだに、色々なことを考えた。帰るか。お目当ての嬢が見つかるまで、ねばってみるか…。

 
エステ嬢の写真指名
 

 しかし私は、ここを妥協点とした。もう、この嬢でいい。何故なら、決して美人でないが顔はそこそこ整っていて肌も綺麗で、案外自分の好みだったからである。いつまでたってもダメな私だ。
 
 しかし今思えば、こんな時は帰るのがベストなのだ。こういうことを客が許しているから、店側は図に乗る面もあろう。そう後悔したのは、洗体や鼠蹊部リンパの深さが微妙であったせいでもあるが、担当嬢のお口が臭かったからである。
 
 自分も酒飲みの喫煙者であるからして、人のことは言えない。だが、お店に訪れる前にガムを噛んだりミンティアを頬張ったりと、涙ぐましいケアを一応行っている(効果はさておき)。嬢達も、もっと気を配って欲しいものだ。

 
 * * *
 

 施術内容は、紙パンツ着用で洗体。部屋に戻り、ふたたび紙パンツを履いて指圧。オイルかパウダーから選んで、軽くリンパ、という予想通りのものであった。マッサージ技術は並で、まあ、指名していなければ、落胆するほどでもないのだが。
 
 近所に住んでいるのなら、もう何度か訪問してみてるか、と思うのかもしれない。比較的若い嬢も店内をうろちょろしていたし、リピート客と思われる御仁とも帰り際にすれ違った。電話も何度か鳴っていた(動画の影響だろうか)。そこまで悪いお店じゃない、とは思う。フリーで入れば、写真指名さえしなければ、それなりのアジアンエステとの印象を持ったのだろう…。
 
 とはいうものの、安価でハードサービスが売りのお店(私は苦手だが)なら諦めもつくけれど、いわゆる「健全店」でありながら、こんな振り替えみたいなことを平気でするアジアンエステは、嫌いだ。近所に住んでいるわけでもない私は、もう二度と訪問しようとは思わないんだよね。
 

◆ 体験記144 K駅 某アジアンエステB 編 [完]
 


 
↑この記事を気に入って頂けたらクリックしてくれると嬉しいです。
 
※ この体験記は管理人の主観的なものであり、体験時の感想には個人差があります。また、同じ店舗でも担当スタッフや選択したコースにより内容が異なるケースもございます。尚、事実無根の批判や、誇大な美化表現などは一切しておりません。
 
※ 店舗の星評価は現在中断しております。

コメント

  • 嗚呼…ここは昨年、私のワースト3に入ったところです。
    オープン当初に行ったのですが、セラピストは会話もやる気もなく、あくびしてましたからね笑
    10Kでも高いと思うレベルですが、13Kくらいしたらもっと腹立ちますね。

    2015/09/27 15:12 | 虎

    • コメントありがとうございます。
      ああ、そうでしたか…。自分の担当嬢はそこまでひどくなかったのですが、たしかに10Kでも高く感じられました。なんだかやる気がないっぽい店ですね。HPや店内は綺麗だけど。

      2015/09/27 19:20 | エステ猿管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

カレンダー

2015年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

エリア

アーカイブ

↑Pagetop