管理人のエステ体験日記

オレンジハウス東京(水道橋) ※閉店
マジで恋する5~10分前

  • 日本人
  • 一般

 「先着●名様、エクセレントコース5,000円引き!」と云うスペシャル割引に釣られ、水道橋の日本人セラピスト専門メンズエステ『Orange House Tokyo』に訪問してみました。

 
【PR】柔らかな雰囲気のお姉さんとワンルームで【立川】
 

 JR水道橋駅東口から徒歩2~3分。いくつかのアジアンエステが入居している雑居ビルの一室にお店はあります。

 
OrangeHouseTokyo水道橋
 

 100%女子受けがいいと思われる爽やかすぎる男性店員氏の案内で、こんなルックスで生まれたらどんな気分なんだろう、モテすぎて女は飽きたとか言ってみたい、なんぞと思いつつ待合所のソファーに座ります。
 
 「施術中にトークは必要?」「どこが疲れてるの?」「どんな時ストレスを感じるの?」「こういうことはしちゃダメ~ダメダメ」的なことを丁寧な文章で表現された書面に記入・署名し、会計。
 
 エクセレントコース90分17,000円+入会金1,000円から、5,000円引きで総額13,000円也。
 

 店員氏の案内でご対面したのは、清潔感のある可愛らしい嬢。正直なところ、ルックスよりも濃厚な施術を期待していたもので、嬉しい誤算。胸元の開いたTシャツにタイトなミニスカート姿の嬢は、部屋に案内してくれます。
 
 10畳ほどのシンプルなお部屋。壁際にマットレス。一見完全個室と思いきや、隣室との壁の上部が僅かに開いている半個室でした。隣室からの楽しげな会話が微かに聞こえてきます。
 
 お部屋にはエアコンがあるものの、やや寒いです。が、自分は寒がりだから普通の人には気にならないレベルかもしれません。個人的にはヒートマット(電気敷毛布)があれば嬉しかったかな。
 

 シャワーを浴びて、紙パンツを履きます。トランクスとTバック型が選べるようです。いつの日か、あえてのトランクス派に切り替えようと常々思っているのですが、今日はそのタイミングではないと思いました。
 
 嬢は一旦退室します。シャワーの後片付けでしょうか。それにしても長い時間席を外します。(はっ!)ひょっとしたら、お着替えしているのかしら。うふふ。タンクトップとかキャミソールとかにね。えへへ。

 
【PR】いつでも混んでいる理由【秋葉原】
 

 数分後、長い髪を後ろにまとめた、初対面時と同じ服装の嬢が戻ってきました。

 
 指(赤) 終了5~10分前に、本領発揮です!
 

 施術開始です。タオル越しの簡単なもみほぐし後、オイルに移ります。
 
 嬢が自分の足の裏に座ります。嬢の柔らかな肌なんぞが触れ、いい気分。施術内容はオーソドックス。足を抱えてストレッチ、カエル足状態での太腿のマッサージなどなど。
 
 パウダーは一切使用せずオイルオンリーの密着系によくある施術です。ただオイルの付着を気にするせいかタオル越しの温もりであることが多く、少し気になります。
 

 この可憐な嬢はどうやら多少のメンズエステ経験があるようで、手つきにセンスを感じます。が、鼠蹊部(太もも付け根)へのダイナミックな施術はありません。自分の頭部前方からの、背中辺りへの施術もありました。
 
 そんなこんなの背面施術ですけれども、可もなく不可もなく。なんぞと言いながら、やんわりと批判していると思われても致し方のない、期待値に対してやや退屈な施術。早く仰向けになりたぁ~~い。

 
 と、しばらくして仰向けに。
 
 足先から、膝を立ててふくらはぎのオイルマッサージ。嬢は自分の足の甲の上に座り、自らの身体で重しをかけます。仰向けでもカエル足にて、鼠蹊部へは数センチ手前のリンパマッサージなど。
 

 そうですね、残り時間が10分ぐらいになった頃でしょうか。それとも5分かな。楽しい時間は短く感じるから、15分だったのかもしれません。それでも長い時間でないことはたしかです。
 
 仰向けになった自分の頭部前方からのデコルテ、お互いの脚を絡ませての鼠蹊部手前、そして自分のお腹に乗っての施術(などなど)と続いていきます。これだよなあ。密着店に訪問するのは、これがあるからだよな。と思っていると、無情にもタイマーが鳴ります。
 
 いと寂しい。延長しよっかなあ・・・。もう少し心身共に暖かくなっていたのなら、もう少し若かったのなら、逆にもう少し歳をとっていたのなら、アルコールの一滴でも飲んでいたのなら、延長していたような気がします。が、後ろ髪を引かれつつも今回は止めておきました。
 

 reten_2013 嫌いじゃない。好きだからこそ・・・
 
 ルックスは期待せずにフリー入店したものの、担当嬢は可愛らしく素敵だったので楽しめました。しかしながら定価(90分17,000円+入会金1,000円)を支払っていたら、憤りを感じたかもしれませんねえ。
 
 終盤は楽しかったんですよ~。が、うつ伏せ時に、ちと退屈を感じてしまったのが残念。密着系施術の醍醐味を味わえるのは、やはり仰向け時です。その際はたしかに、脳内のリフレッシュができました。けれども、これは当たり前のことのような気がするんですよね。それが売りなんですから(偉そうでスイマセン)。
 
 うつ伏せ時も楽しませてくれる工夫や、うつ伏せ時間を短縮し仰向け時間を長くしてくれると、より楽しいと思うんだけどなあ。綺麗な女の子を集めるには、これぐらいの配分にしなければならないのかしら。それとも延長を期待しての作戦なのかしらん?

 
 抜きなどなくとも、ただただ頭の中を真っ白にしてくれる、現実を忘れさせてくれる施術を期待してやまないだけなんですけどね。かような思いは、時代遅れの儚い夢と呼ばれてしまう世の中なのでしょうか・・・
 
 とはいえ素敵な嬢もいることだし、スペシャル割引が続くなら再訪するかもしれません。自分は極度の寒がりだから、もう少し暖かくなったらね。今回の嬢もキュートで良かったけれど、基本的には豊満な嬢の方がより一層楽しめるような気もします。

 
【PR】一緒にアレもリフレッシュ【錦糸町】
 

http://orangehouse.tokyo/

 
体験記127 / OrangeHouse Tokyo オレンジハウス東京(水道橋)編 ≪完≫
 

 
↑この記事を気に入って頂けたらクリックしてくれると嬉しいです。
 
※ この体験記は管理人の主観的なものであり、体験時の感想には個人差があります。また、同じ店舗でも担当スタッフや選択したコースにより内容が異なるケースもございます。尚、事実無根の批判や誇大な美化表現などは一切しておりません。
 
※ 店舗の星評価は現在中断しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

エリア/カテゴリ

カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

アーカイブ

↑Pagetop