管理人のエステ体験日記

アロマニック大宮
新鮮なオールドスタイル?! ~ちょい熟セラピのラスト20分にほろ酔い気分

  • 日本人
  • 一般

 過日、大宮のメンズエステ『アロマニック大宮』にお邪魔しました。
 
 マンションタイプの日本人女性セラピスト専門店です。人妻率8割以上と謳っており、30代〜40代の女性が多く「大人女子ならではのおもてなし」が売りのようです。今回もご依頼を受けての訪問となります。

 
【PR】早番・遅番セラピストランキングを更新しました
 

アロマニック大宮
 

 ネット上には同店のレポートがいくつも公開されています。店舗HPでもリンク付きで紹介されてますね。だから、既存レポと同じような内容になってしまったら(書き手の僕としては)つまらないなあ。なんぞと訪問前は考えていましたが、意識せずともそうはならない気がします。

 
 というのも、昨今の一般的なメンズエステであると想像し訪問したのだけれど、たしかにオーソドックスではあるものの、恐らく多くの方が想像するオーソドックスとは趣きが異なるから。
 
 今回の担当セラピの120分コース内には、四つん這いもカエル脚リンパもないのです…。
 


 
レ点 「アロマニック大宮」の体験レポート、その前に・・・
 
<料金>
・エクストラコース120分17,000円+写真指名1,000円
・「エステ猿を見た」で入会金1,000円が無料(他のポータルサイトでも可)
 
<店舗MEMO>
・大宮駅から徒歩7~8分のマンション内、完全個室(非ワンルーム)
・マット上での施術
・T型の紙パンツ着用
・予約受付は日本人男性、接客は全てセラピ
 
<セラピMEMO>
・Oさん
・30代中盤?の日本人女性
・スタイルがよく長い髪がセクシー
・エステ経験豊富なオープニングスタッフ
・店舗の制服(ブラウス+ミニスカ)ではなく自前のタイトなミニワンピ
・施術の流れは彼女独自のスタイルか?!
 


 
大宮のおすすめメンズエステ
 

 JR大宮駅東口付近は人も車も多くスクランブル交差点の信号は長く、距離はそれほどでも徒歩に余計な時間を要しますね。駅から歩いて7~8分でしょうか。男性店員氏の案内で、非オートロックのマンションに到着です。
 
 インターホンを押すと、写真指名した「O」さんがお出迎え。
 
 お、スタイルがいいっ!
 
 背が高く、タイトなミニワンピが豊潤な肉体を引き立たせています。お肌も綺麗で、思わず抱きしめたくなります。
 
 手入れの行き届いた長い髪が、これまたセクシー。お顔立ちは愛嬌のあるタイプと言えましょうか。その、スタイルとのギャップも悪くない。一見派手に映るけれど、声色も性格も落ち着いた大人の女性です。

 
Oサンの太もも
※店舗公式ブログより

 
 廊下を歩く彼女の後姿、ダイナミックなヒップや健康的なおみあしを眺めながら、お部屋へ。
 
 ごく一般的な完全個室の中央にはマット。壁際に姿見があるけれど、施術中のセラピを見るためのものではなさそうです。ソファーに腰をかけると、彼女は片膝をついて挨拶してくれます。
 
 「ご指名ありがとうございます」「いえいえ、こちらこそよろしくどうぞ」なんぞと二三言葉を重ね、用意してくれたお茶で喉を潤わせながら、彼女のむっちりした太ももや胸の谷間をチラ見。ごくり。
 
 シャワーを浴び、T型の紙パンツを装着。足ふきマットは石材のような速乾性のもの。これ嫌いじゃないです。布製のスリッパは好ましく思えないけれど。
 
 お部屋に戻り、うつ伏せから施術スタートです。
 

指(緑)「ド健全かもしれない」との不安の向こう側に・・・
 
 ・・・僕はホットペッパービューティー掲載中のエステサロンに訪れたのでしょうか。それともお店を間違えたのかしら。と疑ってしまうほどの、すこぶる健全な施術が続いています。

 
【PR】飾らないワンルームで、飾らない衣装で【北千住】
 

 ふくらはぎ辺りの施術時に生足が少し触れたり、腕や手のマッサージの際は掌を彼女の生太ももの上に置いたりしますが(お肌スベスベですが)、基本的にスキンシップは少ないというか、ほぼ無いです。ずーっと、ごくごく普通のオイルトリートメント。
 
 頭部後方からのデコルテもありますが、パフパフどころか低空飛行もありません。真面目なデコルテです。首元に詰まったリンパはじゃんじゃん流れているとは思いますが…
 
 何故ゆえ店主は店長は、エステ猿こと僕に彼女のレポートを依頼されたのかしら。たしかに僕は、超健全店も嫌いではありません。でもそれは、超健全であると理解したうえで訪問する場合で…。

 
アロマニック大宮のセラピスト
 

 他の方のレポートには四つん這いだカエル脚だ、なんだかんだ楽しそうなことが書いてあるじゃないか! それなのに、うつ伏せも仰向けも一切鼠径部(太ももの付け根)に指が伸びてこないんですけどー。
 
 経験豊富な彼女。せっかくの標準レベル以上のエステ技術も「ド健全なのかもしれない」との不安で心からリラックスして味わうことができません。う、うーん・・・
 
 と、Oさんは「マッサージはこれで終わりです。では、これから鼠径部のリンパを流します。もう一度、うつ伏せになっていただけますか?」。へ?

 
 そういうことだったのか。
 

 彼女は「オイルトリートメント」と「鼠径部リンパ」を完全に分断するスタイルなのです。昨今は、序盤からちょいちょい(お店によってはガンガン)鼠径部リンパを組み入れるほうが主流ですから、僕もそれを期待してしまっていたのですね。

 
 彼女の鼠径部リンパは、独特と言えるかもしれません。冒頭でも触れましたが、まず四つん這いやカエル脚などはありません。うつ伏せでも仰向けでも、脚は伸ばした状態で行います。
 
 肝心のリンパの濃淡ですが、ソフトではありません。とはいえ、ハードでもないです。上手く表現することができそうもないので、体感でお伝えします。品がないし、こんなこと書くと怒られそうですが・・・半●●状態が続くリンパです(汗) 
 
 酒で例えるならば、ほろ酔い気分が続く感じ、でしょうか。このリンパが、うつ伏せ・仰向けを合わせ20分近く行われます(120分コースの場合)。
 
 だんだんと、じわじわと、普段使わない脳の一部が刺激されるような、不思議な感覚に包まれてゆきます(もちろん体感に個人差はあると思います)。ああ・・・

 
 ほどなくしてお時間に。どうもありがとう。
 

レ点 新鮮なオールドスタイル?! ちょい熟セラピの個性と魅力
 
 オイルトリートメントと鼠径部リンパの時間を完全に分断するかたちは、一昔前のオールドスタイルとも言えます(時間配分のカスタマイズが売りの店舗は別として)。が、それも久しぶりに受けてみると、ある意味新鮮ではありました。
 
 その施術スタイルや店主に許可を取り自前の衣装を用意するなど、Oさんは個性的というか、このお店のスタンダードとはやや異なるタイプなのかもしれません。
 
 でも、メンズエステの基本は抑えていますよ。清潔でスタイルの良い大人の女性によるオイルトリートメント。そのうえ、味わい深い鼠径部リンパも披露してくれる。料金も手頃(90分13,000円・120分17,000円)ですし、冷静にトータルで考えると決して悪くないです。

 
アロマニック大宮のシステム
 

 しっかし、世の中には色々なセラピストさんがいらっしゃるもんですねえ。最近のメンズエステはどこもかしこも似たり寄ったりと嘆く方もおられますが(僕も時々そう思うけれど)、同じように見えるメンズエステでも、そこにいる女性一人ひとりに個性があるわけで。
 
 そんな当たり前すぎる、スマップのヒットソングみたいなことを再認識しました。

 
【PR】オプションをつけていただくとオイル使用量と衣装が変わります【渋谷】
 

http://aromanic-omiya.com/

 
◆ 管理人のメンズエステ体験記 202/アロマニック大宮 編 [完]
 

 
↑この記事を気に入って頂けたらクリック投票してくれると嬉しいです。
 
※ この体験記は管理人(40代/エステ歴10年以上)の主観的なものであり、体験時の感想には個人差があります。また、同じ店舗でも担当スタッフや選択したコースなどにより内容が異なるケースもございます。尚、事実無根の批判や、誇大な美化表現などは一切しておりません。
 
※ 管理人による店舗の星評価は現在中断しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

カレンダー

2017年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

エリア

アーカイブ

↑Pagetop