エステ猿

メンズエステ情報と口コミ体験談

※当サイトは18歳以上対象です

管理人のエステ体験日記

センス(高田馬場)
ギャップ ~接客センスと二人の嬢

  • アジアン
  • 一般

 暑いです。けれど寒いよりはいい。汗だく状態での洗体は気持がいいし。

 

 

 高田馬場周辺でさくっと汗を流したいと選んだのがココ『センス』。「汗を流したい」なんぞと言いながらも、ひょっとしたら違うものも流されるのかもしれないなあと少し思う。ま、どっちでもいい気分だ。

 
高田馬場アジアンエステ
 

 駅前から電話すると、日本語が流暢な女性が電話にでた。すぐに入れるとのことで、お店に向かう。駅からは徒歩で5~6分。強い日差しの中では、少し遠く感じる。が、洗体に行くのだから汗を掻くのも悪くない。

 
高田馬場センス
 

 路上に看板を発見。「泡泡洗体マッサージ60分5,000円」。安い。これにしよう。と、お店に向かおうとしたのだが、店舗が入っているのはくたびれた雑居ビル。エレベーターもない。一抹の不安。
 
 階段で三階を目指すも、途中の踊り場には場末臭が滲み出ている。こんなビルに入居している店、大丈夫だろうか。さらに不安が募る。
 

指(青) 受付女性と担当嬢のギャップがすごくて・・・
 
 店に入ると熟女がお出迎え。ちと廃墟然とした雑居ビルには似つかわしくない、スレンダーな熟女。美熟女と呼んでも差支えないかもしれない。ママだろうか。
 
 ソファーに座ると冷たいお茶を出してくれる。一気に飲み干す。
 
 「うち、初めてですか?」
 「はい。そうです」
 「はじめまして。よろしくお願いします。コースはどちらに?」
 
 先に決めていた60分5,000円のコース希望と伝えると、「それは洗体とマッサージね」と美熟女。それで問題ないと言うと、より高額なコースへの催促もなく、会計。
 
 「汗、かきましたか?」
 「うん。下着はびっちょりです」
 「じゃあ、外に干しておきますね」
 
 なんだ。安いコースでもガッカリする様子もなく、気遣いも素敵じゃないか。外観からのイメージと違いすぎる。初回だからなのだろうか? さておき、初訪問の不安もすっかり消え去り、ひょっとしたら穴場を見つけたかもしれないと頬も緩む。

 

 

 で、担当嬢とご対面。
 
 ぐっ!!・・・orz
 
 人生は甘くない。失礼ながら本年度ワーストのルックスである。40代後半ぐらいだろうか。そのキャミソール姿は色気よりも厳しい生活を想起させる、年輪と脂肪を重ねた骨太系ずんぐり嬢であった。まるで…
 
 地味なおばさんマニアにはたまらない嬢だろうが、美形受付女性とのギャップが凄まじすぎて落胆してしまう。しかしまあ、もうしょうがない。気持ちを切り替え施術に集中しよう。ハードなサービスがないことを祈りつつ…。ちなみに韓国ではなく、中国の方でした。
 

指(緑) 設備はボロでも、気配りや清潔感に好印象
 
 洗体はサワサワしたり、マッサージ的にほぐしたりとなかなか気持がいい。際どい部分もちゃちゃっと少しだけ洗っていただく。洗体(アカスリ)ルームの設備も古いけれど、不快になる程ではない。
 
 洗体を終えると僕の身体を拭いて、嬢は先に洗体ルームを出る。それから出入口に敷かれた足ふきマット辺りに跪くと、小さな新品のタオルを広げ僕の足を丁寧に拭いてくれた。
 
 むむむ。なんだかこの店、設備はボロいけれど細部に繊細さを感じる。先のシャツを干す件と云い、真新しいタオルで足を拭いてくれることと云い、かような細心の気遣いは嬉しい。濡れたままのマットを踏みなれた僕には新鮮だ。この献身的な嬢に、心の中で妖怪なんて仇名をつけていたことを恥じる。

 
 部屋に戻るとマッサージが始まる。お部屋は出入口カーテンで、中央にベッド。ごく一般的なクオリティーだと思う。うつ伏せになると、これまた新しい(洗濯済みで使い回しでない)大きなシーツを、身体全体すっぽり包み込むように掛けられる。タオルでなくシーツとは珍しい。ひんやりした生地の感触がいい。
 
 施術は至って真面目な指圧。太く丸く温かな手で、力強く背面をほぐしてくれる。僕の腰辺りに馬なりになった際、そのずしりとした重みにやや苦笑したが、ご愛嬌か。
 
 短時間ながら仰向けにもなる。終盤「リンパ3,000円…」との声がかかるも、丁重にお断りした。ひょっとしたらこの金額でもサプライズがあるのではと思っていたが、そうではなかった。
 
 施術終了。着替えて担当嬢とお別れ。安いコースで延長もしないのに嫌な顔をひとつもせず、最後までしっかりマッサージをしてくれてありがとう。干していただいたおかげで、汗で濡れたTシャツは乾いていた(この日は快晴)。
 

reten_2013 欠点もあるが、こんなアジアンエステは嫌いじゃない
 
 帰り際、受付女性と言葉を交わす。ママでも店長でもなく、いちスタッフだと言う。え? それなら指名すれば良かったな。美人ですね。美熟女は照れながら微笑んだ。僕は後ろをチラリ振り返り、担当嬢がいないことを確認してから彼女の源氏名を聞き出した。また訪れることがあれば、この美熟嬢を指名しようと心に決めた。
 
 若い嬢はおらず、HPの在籍写真を見てもほぼ出鱈目なので意味がないと思われる。けれども中には美熟女もいるし、何より店のベースにある客への気遣い・心配りに好感を持った。嬢のルックスに関しては、当たり外れのギャンブル性が高いけれど、安いしね。万が一ルックスは好みと違ってもマッサージはちゃんとしてくれるから、大きなダメージを受けることはないと思う。
 
 派手さはないし欠点もあるけれど、なんだか嫌いになれないアジアンエステでした。

 

 

Screenshot of akasuri-sense.com

 
◆ 体験記139 センス(高田馬場)編 [完]
 
[thankyou]
 
↑この記事を気に入って頂けたらクリックしてくれると嬉しいです。
 
※ この体験記は管理人の主観的なものであり、体験時の感想には個人差があります。また、同じ店舗でも担当スタッフや選択したコースにより内容が異なるケースもございます。尚、事実無根の批判や、誇大な美化表現などは一切しておりません。
 
※ 店舗の星評価は現在中断しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

エリア/カテゴリ

カレンダー

2015年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ