管理人のエステ体験日記

爽楽苑 御茶ノ水店
まさかのリンパ、さすがの泡

  • アジアン
  • 一般

神保町の古本屋街をブラブラしているとエステの虫が疼いた。

おいおい、今日は本の毒を喰らう一日を過ごすんじゃないのか。
カレーでも喰って頭を冷やそう・・・

だが、食事を終えた私は何故か御茶ノ水駅方面に歩を進めていた。
満腹になったところで、エステは別腹のようである。
 
爽楽苑 御茶ノ水店
 
今夏にレポートした、上野のアカスリエステ の系列店。
同一のエステや系列店(フランチャイズ)のレポートは基本的にしないつもりであったが、前回との印象があまりに異なった為にレポートの価値もあるかと考えた次第。

JR御茶ノ水駅、西口にあたる御茶ノ水橋口からすぐ。
リゾSPAの跡地に店はあった。

雑居ビルの入口には同店タイムサービスの告知。

オイル60分4,000円は魅力だ。
「て○みん」に行っている場合ではない。

 

エレベーターで階上へ。

インターホンを押すと、薄着の美熟女がドアを開けてくれる。
丁寧に案内されソファーに座る。

美熟女はママであろう。
キャミソールにホットパンツに生脚。
そして傍らにはスタイルの良い小姐。
同じく肩を出したノースリーブにミニのスカート、だが黒いタイツを履いている。

逆じゃないか!

と、心の中で叫んだみた。
その二人の服装の理由は後に判るのだが。

 
お茶の水アカスリ爽楽苑

 

 

 

 

 

 

 
【PR】最高級の撫子と、最高級のおもてなし|池袋
 

なにかこう、欲望に負けてエステに訪問してしまった後ろめたさのせいもあり・・・30分4000円のリンパのみでお茶を濁そうかとも考えていた私。しかしベテランばかりが在籍していると思っていた爽楽苑で担当になると思われる若い嬢を目撃し、速攻でオイル&リンパ90分に切り替える。

オイル60分(6,000円)+リンパ30分(4,000円)で10,000円也。
(17時までに入店すれば、オイル60分4,000円)

簡易間仕切りに出入り口カーテンタイプ。中央にベッド。
基本的にリゾSPAの設備をそのまま再利用している模様。

目論見通り、受付で見た小姐が担当。
ロッカーに荷物を預けた後、シャワー無しで紙パンツに履き替える。
冬場はシャワー無しってのも逆にありがたし。
といっても店内は暖房がよく効いていて暖かい。

 

穴あきベッドにうつ伏せになると、背面からオイルマッサージ。

間違いない技術で身体が解れていく。
やはりこの系列の施術は安定感があるのだろう。
で、若い嬢。こりゃオキニ候補だ・・・と密かにほくそ笑む。

下半身も気持ちのいいマッサージが続く。時に眠気を誘うほどに心地良い。
そけいぶへのマッサージはないが、焦ることはない。まだオイルだ。

蒸しタオル後に仰向け。

足裏からふくらはぎ、ふともも。
カエル足状態でのふともも・・・

気持ちがいいことに変りはないのだが、少々嫌な予感が。
前回はアカスリ+リンパだったから分かりやすかったのだが・・・
もうリンパは始まっているのだろうか?リンパと云えばリンパの施術なんだが。

その後、臍周りのマッサージ。
お!これがリンパへの合図だろう。

しかし・・・

 

「そろそろお時間です」

え?!

「延長しますか?」

あれ?ひょっとしてリンパって聞いてなかったのかもね。
間違えちゃったかな。

「・・・リンパ終わりました・・・」

えーっと・・・リンパってこういう感じで、と少々ジェスチャーを交えて説明。

「・・・言ってることはわかるけど、ここまでよ・・・」

がーーーん!!

まさかの超ソフトリンパ orz

時代遅れの絵文字を使ってしまうほどのショック。
こんなにも差があるのか・・・

オイルマッサージは申し分ないし、君は綺麗だし、文句はないんけど・・・
鉄板と思っていたあのリンパ施術とのギャップが・・・
あれはベテラン嬢の裁量の上のものだったのか。
だとしたら根が若い嬢好きな私でも、今後はベテラン嬢を選ぶことになるだろう。

 

「延長しますか?」

いや・・・その・・・

「泡泡洗体もあるよ」

知ってるけど・・・

「うちのオススメはアカスリと洗体よ♪」

うん。そうだろうね・・・

「15分でも大丈夫よ。気持ちいいですよ」

うん。そうだろうね・・・
でも、寒くないかなぁ(内容も)・・・

「洗体はママさんがやるのよ」

え?!

「どうしますか?」

 

紙パンツ上にバスタオルを巻いた私は、何故か洗体ルーム方面に歩を進めていた。
マッサージとリンパや洗体は別腹のようである。

洗体ルームには笑顔のママがスタンバイ。
うつ伏せに。

店内の暖かさ、施術前にシャワーを浴びていないこともあってか、左程寒さを感じない。
洗体ルームも事前にシャワーで存分に温めてくれたようである。

 

洗体は流石の一言。

男心を知り尽くした絶妙な施術。

あっという間に15分が経過した。
延長も考えたが、調子に乗って身体を冷やすのもいけないので後ろ髪をひかれつつ終了。

 

それにしても笑顔が素敵なママだな。
正直、熟嬢好きエスターの気持ちが微塵もミジンコ程もわからなかったのだが、悪くない。
いや、良い。こういう気持ちだったのか・・・

小動物より可愛くもないクソ孫が電車内で騒いでいようが、そのクソ孫が痴呆同然に口を開けて車外の景色を見て小汚い靴が座席に触れていようが注意もしないなど、昨今の日本の50overババアの劣化、幼稚化に歯止めはかかならいが(ジジイも、いえ私も・・・)、大の男が身も心も委ねられる器を持っている熟女に出会える数少ない場所の一つがアジアンエステなのかもしれない。

 

延長料金支払い後、温かい茶を頂く。そして退散。
ありがとうございました。

 


 

結果的に一粒で二度美味しかった気がしないでもない。
若い嬢のオイルマッサとベテラン嬢の洗体と。

在席嬢の増加などで今後は変っていくのであろうが、現在のお茶の水店の場合は洗体、もしくはアカスリのチョイスが欠かせない気がする。再訪時は洗体(アカスリ)を長めにお願いしようと思う。

でもやっぱり、ベテラン嬢が多数在籍している系列店のほうがいいかしら・・・
悩ましい問題だ。

 
~ 御茶ノ水|爽楽苑 御茶ノ水店(一般・アジアンエステ)体験記 ~
 

赤羽COCORE ココリ

【PR】リーズナブルで安心の日本人店|赤羽 
 
【PR】お好みのコスチュームをお伝えください|高田馬場 
 
【PR】貴方にぴったりのセラピストが必ず見つかります|RERE(リリ)グループ

Randam Ads by ezaru.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

カレンダー

2012年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

エリア

アーカイブ

↑Pagetop