管理人のエステ体験日記

VOGUE(赤坂見附)
ライバルは日本人店?~高級アジアン洗体エステの美人嬢に蕩ける

  • アジアン
  • 一般

 赤坂見附の『VOGOE』にお邪魔する。赤坂見附駅から歩いてすぐ。雑居ビル内の「店舗型」アジアンエステだ。
 
赤坂VOGUE
 

 ビルの出入口付近に置かれた看板には、ショートカットの綺麗なお姉さんが。でもエステの看板の美人って、どうせ釣りでしょ?モデルでしょ? こんなに綺麗な女性がいるわけないじゃん。と思うのが常であるけれど、ほんとうに綺麗なお姉さんがいた。

 
赤坂アジアンエステVOGUE
 
 
 しかも、モロじぶん好みの。ストライクゾーンど真ん中の。ルックス・性格・接客、どれも文句なしの。軽く惚れたので教えたくない、というのが本音である。しかしご依頼を受けてのレポートゆえ、葛藤を抱えつつ書かしていただく…。

 
赤坂見附VOGUE
 

 店内に足を踏み入れると「あれ、お店を間違えたかしら?」と、ちと戸惑う。OLが通いそうなお洒落スパ的空間なのだ。数種類のアロマ、アジアンリゾート風のソファーetc。
 
 やがて作務衣を着た日本人男性店員氏が登場。予約した旨を伝え、ソファーに腰をかける。すぐにお茶とおしぼりのサービス。おしぼりからは、仄かなアロマが香る。
 
 120分17,000円(初回写真指名無料)を支払うと、店員氏にお部屋へ案内される。

 
赤坂見附VOGUEの料金
 

 店舗型なのに、看板通りの「完全個室」であった。室内もお洒落かつ快適。こんなに内装に凝った店舗型のアジアンエステを見たのは初めてかもしれない。しかも、お部屋と本格的な洗体ルームが隣接している。ドアを開ければ洗体ルーム、だ。
 

赤坂アジアンエステ VOGUE
※お部屋の一例(店舗WEBサイトより)

 
 壁に埋め込まれた巨大鏡の位置がもったいないが(施術マットの横にあればいいのに)、内装にお金をかけたことが分かるゴージャスな店内。店舗型ゆえ、どうしても出入口のチャイムはお部屋まで響くものの、それ以外は文句なし。
 
 今回はスプリング入りマットレスが置かれているけれど、一般的なマットタイプのお部屋もあるらしい。混雑状況によるだろうが、好みを伝えれば選べるはず。私はスプリングの揺れが苦手なので、次回はマットのお部屋を希望しようと思う。
 
 やがて、お部屋がノックされる。
 
 指名した「はるかさん」がお部屋に入って来る。前面がボタンの、膝上丈のワンピースを着ている(ユニフォームは数種類ある模様)。むろん生足。彼女は「はるかです」と自己紹介してから、ニコリ。
 
 
赤坂VOGUEの人気セラピスト
 
赤坂VOGUE はるかさん
 

 美人じゃないかあっ!
 
 HPの写真よりふくよかだが(失礼)、美人であることに変わりはない。ショートカットがよく似合っている。お肌も綺麗で、ほど良い胸のふくらみも気になる。年齢は20代半ばから後半といったところか。

 
赤坂VOGUE はるか
※店舗の許可を得てお名前を公開しております。

 
 これは店舗ブログの画像。ちとふっくらさせたら、そのまんまである。――当然と言えば当然のことだが、現代女性の自撮り技術と修正アプリの性能に翻弄された経験のある身としては、ほぼまんまなことに驚く。
 
 で、写真を見る限りクールな美人との印象を持っていたのだけれど、実際の彼女はとても明るい。お話が大好きで、愛嬌抜群。このギャップも素敵。
 
 島崎和歌子・井森美幸。黙っていれば山の手の奥様風ルックスなのに、メンタルは下町のお姉ちゃんっぽい彼女達。はるかさんもその系統だろう。ちなみに私はお二人のファン。ストライクど真ん中といったのは、これも理由の一つである。笑うとくしゃくしゃになるお顔を見るに、どちらかといえば美人より「可愛らしい」との表現のほうがしっくりくるかもしれない、とも思う。
 

指(緑) 愛嬌抜群の美人セラピとの甘美なひととき ~洗体・ストレッチ・鼠蹊部リンパ・洗体


 
 脱いだシャツを丁寧にハンガーにかけてもらう。彼女はさっそく洗体の準備。私はT型の紙パンツを履き、貴重品ケースを携え、洗体ルームへ。
 
 清潔な洗体ルームの壁にも、大きな鏡! が、湯気で曇ってしまうのはご愛嬌。仰向け時はうっすらと、じぶんの間抜けな身体を見ることができる。
 
 気持ちいい・・・
 
 洗う&マッサージを組み合わせたような、私好みの洗体テクニックは鼠蹊部にも発揮される。
 
 これだよ!
 
 繊細かつ大胆。「これだよ。これぐらい隅々まで洗ってもらわないと、洗体を受けた気分がしないんだよ」と、私は心の中でリフレインしていた。抜きもモロ攻めもないけれど、精神的に早くも討ち取られた気分。

 
 「足りないところありますか? 背中の泡を流していいですか?
 
 彼女の特徴の一つなのだが、その都度、今の施術を終えていいかを確認してくれる。このまま続けたい気持ちもなくはなかったが、パンパン状態でのうつ伏せも辛くなってきたので、仰向けになる。
 
 むろん仰向けも気持ちがいい。しばらくして、また「泡を流してもいいですか?」と聞かれる。今度は「もう少しお願い」と、下腹部の洗体継続をリクエストしてみる。意味深に微笑んだ彼女は、嫌な顔一つせずに洗体を続けてくれる。ああ、楽しい。そして、とっても気分がいい。

 
赤坂VOGUEの洗体アカスリ
 

 洗体を終え、身体を拭いてもらい、お部屋に戻る。と言っても、お部屋と洗体ルームは直結してるから楽よね。新しい紙パンツを装着しマットレスにうつ伏せになると「今日はどこがお疲れですか?」。
 
 肩や腰をリクエストして、タオル越しの揉みほぐしからスタート。彼女はマッサージ店での勤務経験が豊富なようで、筋がいい。ストレッチを組合せながら背面をほぐしてくれる。ドライよりオイリーなマッサージを好む私ではあるが、テクニックと彼女との会話を存分に楽しむ。心身が軽くなってゆく。
 
 ここでも「足りないところはありますか? 仰向けになりますか? オイルやりますか?」と、聞いてくれる。彼女の施術スタイルはオーダーメイド的なようだ。早く仰向けになりたい気分でもあった為、うつ伏せではお尻や鼠蹊部のオイルリンパのみをお願いする。かようなリクエストを嫌う女性もいらっしゃるけど(多くは日本人女性)、彼女は普通にリクエストに応えてくれる。
 
 お、おおぉぉ・・・ 
 
 ギリギリが味わい深い、ディープな鼠蹊部リンパだ。
 
 すでにお気づきの方も多いだろうが、ここは健全店。抜きはない。赤坂界隈のアジアンエステと聞いて、最初は私もその手のお店かもしれないと思ったけれど、ほんとうに健全。とはいえ健全は健全でも、リンパはギリギリまできっちり流してくれる、私好みの健全アジアンエステである。
 
 私はギリギリが好き。清潔感と愛嬌のある美人セラピストが大好き。さらにはデフォルトで過剰サービスのあるエステに余り面白味を感じないタイプなので、このお店(セラピ)は私の理想に限りなく近い。
 
 しばらくして「仰向けになりますか?」と、私の顔に近づいて覗きこむように目線を合わせながら、彼女は聞く。この仕草、めちゃくちゃ可愛いらしい…。すでに軽く惚れていたが重くなりそうな私は、頷いた。

 
赤坂見附VOGUE はるかさん
 

 仰向けではストレッチを中心に。テクニックもさることながら、自然に触れあう彼女の滑らかな肌の感触も心地いい。やがて、仰向けでの鼠蹊部リンパへ。
 
 一線を越えることも自爆も許されぬが、じぶん好みのセラピとその手技に、私は酔ってゆく。時に、かような素晴らしい縁があるから、他店で何度も不貞腐れ嬢に遭遇しても、パネマジに撃沈しても、生乾きのタオルの臭いに辟易しても、エステはやめられないんだよな…。
 
 VOGUEコースの場合、最後にも本格洗体を受けることができる。最初の洗体で一度、お部屋での鼠蹊部リンパで二度、最後の洗体で三度目の、精神的に討ち取られた気分に。
 

 次回1,000円引きの割チケとポイントカードをもらい、お別れ。どうもありがとう。
 
 あ~、楽しかった!

 
レ点 限りなく私の理想に近い健全アジアンエステと、そのセラピの魅力


 
 美人美人言ってるけど、はるかさんのメンタルは気さくな下町のお姉ちゃん風。このギャップに魅力を感じる方には超オススメ。
 
 私は根が「ヌキ無しアジアンエステでエステに目覚めた男」であることも影響していると思うのだが、ドンピシャだった。清潔感のある美形・愛嬌抜群の接客・抜きはないけど男心を存分にくすぐる洗体&マッサージ。三拍子揃っている。先にも述べたけれど、限りなく私の理想に近い。

 
赤坂見附VOGUEのセラピスト
 

 最後にお店のことも少し…。
 
 体験後、このお店のライバルは、日本人店のようにも思えた。アジアンエステに対してネガティブな感情を持っている日本人エステ愛好家にこそ、試して欲しい気がする。こちらの正規料金はアジアンエステの相場からすれば、やや割高。だが、そのぶん内装にお金をかけ、ルックスや接客スキルにワンランク上の厳しい採用基準を設けているはず。
 
 とはいえ、「新規割」や「早割」を利用すればリーズナブルだ。タイムサービスは指名不可なのが痛いけれど、色んな女性に入ってみたいフリー派にはお得なサービスと言えるだろう。

 
赤坂見附VOGUEの割引
 

 快適な施術環境が好ましい。ルックスも大事だし、施術で気持ちよくなるのは大前提。でもやっぱり「楽しかった」「癒された」と思わせてくれる、愛嬌やホスピタリティの溢れる女性に出会えることこそが、メンズエステの醍醐味ではないかしら。肌寒くなるこれからの季節は特に、はるかさんのように心身をほっこり温めてくれる女性がいいね。
 
 長々と書いてきたが、一人の理想的なセラピに出会えたことを私は嬉しく思う。また行きます。
 

http://es-vogue.link/

 
◆ 管理人のメンズエステ体験記177/VOGUE ヴォーグ(赤坂見附)編 [完]
 

 
↑この記事を気に入って頂けたらクリック投票してくれると嬉しいです。
 
※ この体験記は管理人の主観的なものであり、体験時の感想には個人差があります。また、同じ店舗でも担当スタッフや選択したコースにより内容が異なるケースもございます。尚、事実無根の批判や、誇大な美化表現などは一切しておりません。

 


 
話題のメンズエステ&セラピストをPICK UP!(心身を温めます)

新宿ルチア   出張マッサージ和心   池袋AromaTree   東京ラヴィジュール

 

 

 

 

お店選びに迷ったらClick!
【PR】癒しへの熱意を持ったセラピストを採用|麻布十番 
【PR】ワンルーム×癒し×攻〇|赤坂 
【PR】水道橋の楽園リゾート 
【PR】貴方にぴったりのセラピストが必ず見つかります|RERE(リリ)グループ

 
立川チェディ 


※ 店舗の星評価は現在中断しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

カレンダー

2016年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

エリア

アーカイブ

↑Pagetop