管理人のメンズエステ・アジアンエステ体験日記

三ノ輪 金夢
シャワーさえないのに

  • アジアン
  • 一般
 HPでは「洗体」と表記しつつ背中をちゃちゃっと流すだけとか、コース内に耳かきがあるはずが無いとか、しょぼい半個室タイプなのに完全個室の高級サロンと謳うとか、パネマジ、振り替えなどなど・・・ 誰もが多かれ少なかれアジアンエステで味わうであろうこと。 結果オーライで笑って流せる場合もあれば、二度と行くもんか!と思ったり・・・ 時と場合、嬢や施術次第で印象も変るものですけどね。   今回は初 »続きを読む

リラックスバリ(西川口)
土地の宿命ビヨンド

  • 日本人
  • 一般
 いくら健全店と云われても・・・鶯谷や横浜曙町などと並んで「またまたー」と突っ込まれてしまう土地柄である西川口。      西川口の頭文字をとって「NK流」なんてな濃厚サービスを指す隠語もあり、この方面のお店は減少傾向にあるようだが関東屈指の性風俗街の一つであることに間違いはない。   その西川口に最近オープンした日本人エステ。はたして・・・?   予約の電 »続きを読む

大人のマッサージ部屋(五反田)
この手が悪い

  • 日本人
  • 風俗
 なにかに行き詰ったとき。習慣化した通勤の時間や経路を変えてみるのも突破口の糸口を掴む一つの手だと云う。    新しい刺激を求めて五反田へ。      男性客が女性に性感マッサージをするコンセプトのコチラのお店。類似点も過去にあった気もするが、コチラは他店の追随を許さない独自のコンセプトを貫いている。なんと風俗店なのに「抜き」サービスが無いの!(自慰行為は可) &nb »続きを読む

東京K場町 某アジアンエステ
さらば夏、さらば・・・

  • 日本人
  • 一般
 あまりこういうレポートはしたくないんですが。   しかしこの店を訪れてからというもの、いまだに何か本調子でないモヤモヤした感がある。 吐けば楽になるぜ、と昔気質の刑事じゃないけどそんな気もするので書いてみます。   この店の存在するエリアに徘徊することが多く、洗体(アカスリ)用ルーム完備で完全個室のアジアンエステがオープンしたとなれば、ちと気になるところ。   オー »続きを読む

飯田橋 Vivid(ヴィヴィッド)
癒されたい人に

  • 日本人
  • 一般
 電話予約するとJR飯田橋駅東口より10分前に要連絡とのこと。 HPには徒歩1分と書いてあるのに実は駅から遠いのかしら、なぞと思いつつ駅から電話すると嘗てない程に至近の好アクセス。   飯田橋 Vivid -ヴィヴィッド-(モバイル)             周囲には人工の緑にも恵まれた素晴らしいロケーション。 エレベーターで階 »続きを読む

爽楽苑 上野店
アカスリンパで気分爽快

  • アジアン
  • 一般
 お盆休み。大手エステサイトが軒並み更新を休んでいる影響もあるのでしょうが、いつもより当サイトに訪れる方が多くとても嬉しく思います。    読者サービス精神旺盛(?)な私ことエステ猿、久しぶりに一週間の間に2本目となる体験記を書きたいと思います。どうせ暇だからだろ?と云うツッコミは大方間違っていないと思います。      韓国エステやアカスリ店に凸しようと(経緯)、お »続きを読む

R STUDIO(渋谷)
美女と悶々ストレッチ

  • 日本人
  • 一般
 渋谷。喫茶店で予約時間までの時間を潰す。私は煙草を吸いながら過去に訪れた渋谷のエステを回想する。      初めて訪れた渋谷のエステは、今は無き名店「男前」。最後はたしか「マツリカ渋谷店」。とすると、もう何年も渋谷のエステはご無沙汰と云うことになる。    いやそんなはずは・・・他にもどこか別のエステに訪問しているのではないか?なぞ記憶を辿るも、今宵の渋谷の街はいつ »続きを読む

上野 スイートルーム
コスプレ○○○

  • アジアン
  • 一般
ロンドンオリンピック男子サッカー日本代表の勝利の余韻に浸っている皆様。 そうでない皆様も、こんばんは。 今回私は上野に行ってまいりました。   上野(入谷口) スイートルーム ~Sweetroom~(モバイル)           (入谷口ってマイナーな出入り口なので浅草口出ちゃって左手に進んだ方がいいかも?)   こちらのお店 »続きを読む

御徒町 スカイ SKY(タイ古式)
君に胸キュン

  • アジアン
  • 一般
JR御徒町駅北口から歩いて1分もかからないというのに、この噴出す汗はなんだ。 雑居ビルの3F部分のガラスには、同じタイ古式ながら違う店名。   ココに違えねえはずだが・・・ と辺りをキョロキョロする度に噴出す汗。 念の為近隣のビルの看板を確認するもそれらしき店は見つからぬ。面倒臭え・・・えい、入って違ったら出てこよう。と最初のビルに戻ってエレベーターを目指すと張り紙が。   & »続きを読む

竹ノ塚 モーミンの森
浮世と泡

  • 日本人
  • 一般
とある日のこと。 彼奴は人(俺)にぶつかっておきながら謝らない。 「浮世とは、他人の耐え難きものを耐えての、果てなき航路のことであったか」 と最近覚えた或る私小説家の言葉を思い出し心を方向転換してもいいのだが、 「ぶつかったこと知らなかったんですぅ」 なぞと当事者(俺)には一言も言わず、先輩とやらに弁明口調で話している、それも聞き方によっては俺の悪口ともとれる情報を踏まえて話す素振りを見るとやはり »続きを読む
«...10...181920...»

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

エリア

アーカイブ

↑Pagetop