管理人のエステ体験日記

某熟女店Y(M区)
オーナーセラピ自身が超パネマジの、残念すぎる熟女エステ

  • 日本人
  • 一般

 つまらぬメンズエステは多々あれど、ここまで残念な気分になることは珍しい。
 
 彼女はあからさまに手抜きをしたわけでもないし、客をもてなそうとの気持ちが伝わらなくもなかった。楽しそうに仕事をしているようにも見える。
 
 しかし、全てのレベルが低い。低すぎる。可憐なルックス、高度なテクニック、癒し、色気etc…。セラピストに求められる大事なエレメントが、何一つ備わっていない。
 
 いちセラピの話をしているのではない。彼女はオーナーセラピなのだ。
 
 そして、パネマジ。この中年オーナーセラピ自身が、おもいっきりパネマジ嬢なのである。
 
 巧みな偽装写真で客を釣り(後述するが、それ以外にも思わず指名してしまう意味深な仕掛けがある)、昭和の女子プロレスラーみたいな体型の癖して「モデルみたい」なんぞと自身のプロフィールに自身で嘘を並べる。
 
 これは、正気の沙汰であろうか?
 


 
レ点 某熟女エステY(東京都M区)の体験レポート、その前に・・・
 
<料金>
・非公開とするが、熟女店なのに安くない(近隣人気店と変わらない)
・HPに載っていない2,000円のディープリンパOPあり(姑息)
 
<店舗MEMO>
・メンズエステ激戦区であるM区某駅から徒歩数分の古びたマンション(高級感ゼロ)
・完全個室(非ワンルーム)
・マット上での施術(前方に鏡があるが、ほとんど見えず意味がない)
・T型のノーマル紙パンツ着用
 
<セラピMEMO>
・30代後半~40代?の日本人女性(オーナーセラピ)
・パネマジがすごい
・自己アピール、自店アピールがすごい
・そのわりに全てのレベルの低さがすごい
・ミニワンピ
 
<特徴>
・これまで出会ったオーナーセラピのなかで断トツのワースト
・ほんとうに人気セラピが独立したのか大いに疑問
 


 
■ 残念なメンズエステを選んでしまった理由
 
 東京都M区の某所。洒落た、粋な、大人の街。日本人メンズエステの激戦区である。
 
 この地に最近オープンした某熟女エステ(仮に「Y」とでもしておこう)。
 
 まず、和風で可愛らしい店名に惹かれた。訪問前は、料金もぼちぼち手頃に思えた(追加OPで手頃でなくなったが)。そして、美女が集まりそうな洒落た街にオープンした熟女店ならば、美熟女・美魔女が在籍しているのではないか。と、妄想し訪問したのである。
 
 結果、残念すぎるオーナーセラピの残念な熟女店で、嫌な後味だけが残った。
某熟女店Y
■ 残念なオーナーセラピを指名してしまった理由 その1
 
 先に述べたように、パネマジやいんちきプロフィールに騙された。
 

■ 残念なオーナーセラピを指名してしまった理由 その2
 
 しかし、それだけが指名した理由ではない。もう一つ指名したくなる仕掛けがあるのだ。
 
 このセラピ、一人だけオープン割引が適用されていない。このような料金設定を、皆さんはどのように捉えるだろう。
 
 高いから割引が適用される他のセラピに入ろう、と思うだろうか? 僕はこう考えた。「一人だけ数千円高いならば、一人だけ次元が違うのだろう。ワンランク上の美熟女セラピストなはず。これはもう、指名すべきだ」と。
 
 それで指名した結果とんでもないタマが出てきたのだから、期待値からの落差は大きい。
 

■ 残念なのはパネマジだけではない・・・
 
 この女性がオーナーであることは訪問するまで知らなかった。おもいっきりパネマジじゃねえか、やられた。と意気消沈していると、セラピが自分のお店であると告げてきたのである。入店直後から、まあよく喋る喋る。さらに彼女はこう続ける。
 
 自分は、以前のお店からのお客さんで予約がいっぱいになっちゃうから、割引していない。
 
 いや、余裕で予約が取れたんだけど。
 
 訝しく思うけれど、まだ希望はある。ルックスはアレだし、話し方も品がなく自己顕示欲が滲み出ており聞いているだけで疲れる。が、腐ってもオーナーセラピ。テクニックは抜群なはず。ルックスより技術を重視する愛好家に支持されたからこそ、独立を果たしたのだろう。
 
 しかし・・・
 
 その技術にしろ色気にしろ、惚れる要素がまるでない。素人に毛が生えたような手技、ワンパターンで抑揚のない鼠径部リンパ、目新しさも意外性もない平凡な密着…。誰でも、どんな未経験者でも、短期間学べば簡単に身につくような施術のオンパレード。これぐらいなら、僕でも出来ると思う。
 
 ほんとうに彼女は人気セラピだったのか? その経験と自信から独立したのだろうか?
 
 かなり怪しい。メンズエステの勤務経験はゼロではないだろう。が、独立を考えるほど客に支持される魅力があるとは到底思えない。
 
 これはあくまで憶測だが、「メンズエステ・セラピスト業の旨味を知ったが、どこに勤務しても人気が出ず稼げない。一か八かで独立してみよう」または「何か起業したい。メンズエステなら経験あるし簡単にできそう」この辺りが真相に近いのではないか…。
 

■ いちいち姑息。ディープリンパの追加OPぐらいHPに記載してくれませんか?
 
 会計時にHP未記載の追加オプションの存在を聞かされるのだけれど、これが2,000円。その内容を聞けば「ディープなリンパ」と言う。
 
 ・・・同じように不親切な営業をしている全ての店舗に告げる。ディープリンパの有料追加オプションぐらい、HPに記載しましょうよ。
 
 こんなもの、書けない理由はないはず。トップレスになるとか、スケスケのTバックになるとか、追加料金で内緒でごにょごにょしてあげる♥ とかの特別サービスなら書かない(書けない)のも理解できる。でも、たかがディープリンパじゃないか。
 
 何故ゆえ書かないのか。それは、なるだけ総額を安く見せたいから。そうに決まっている。訪問後に追加料金を提案したとしてもディープリンパを断る男性客は滅多にいないことを知ったうえでの、姑息な手口である。これはタケノコ剥ぎの一種であると呼ばれても致し方ないことを自覚すべきだ。
 
 安かろう悪かろう、安物買いの銭失い、ならまだ救いがある。というか諦めがつく。しかし、このオーナーセラピを指名してしまった場合、OPを含めた総額は決して安くない。それどころか、可憐な20代女性が水着や露出の高いけしからん恰好でオイルをドバドバ使用する、近隣人気店と変わらぬ料金になる。
 
 馬鹿にしているのだろうか。
 

■ オーナーセラピとして全レベルが低すぎる
 
 では、その追加オプションのディープリンパとやらは、どれほど濃厚なものなのか。たしかに、深いと言えば深い。頻繁に腕や手の甲が股間に当たる。が、それだけ。緩急も繊細さもない、つまらぬ接触である。
 
 かような手技を事故事故なんぞと喜んでいる輩もいるようだが、こんなの事故じゃない。あからさまに当ててくるだけなんだから。
 
 残念な容姿と技術の女性の手が股間に当たったくらいでは喜べない。猿なら喜んではいけない。安くもないのに、こんなもんで納得してはいけない。そりゃ、これだけ当ててくれば僕の僕は変化する。が、心は満たされない。息が乱れることも、自然と声が出てしまうこともない。
 

 基礎オイルトリートメントの筋はそれなりだが、本物のプロと比べられるレベルではない。リンパを含めた施術レパートリーも極めて少なく、すぐ飽きる。うつ伏せでの鼠径部リンパは左右のカエル脚のみ。横向きはおろか、四つん這いもない。
 
 密着も残念だ。まず大前提として、重い。重すぎる。骨太がっちり昭和の女子プロレスラー体型ゆえ、全体重をかけられると苦しい。お顔も至近距離での凝視に堪えられないし、お口の臭いも少し…
 
 全く似合っていないミニワンピでの施術だが、これも密着に適したコスチュームとは言えまい。こんな基本的なことも分からないなんて、オーナーセラピとしての次元が低すぎる。
 
 これだけ酷いのだから、最後は何かしらのサプライズがあるのかも。それが彼女の唯一の武器なのかもしれない。そんなことも頭を過ったけれど、過剰なサービスはない(これを否定している訳ではない。人気があると言うから、それが人気の秘密である可能性を考えただけの話だ)。

 
■ このオーナーセラピが新人研修ってギャグだろうか
 
 当然このオーナーセラピが、新人の教育や研修も行っていると言う。エステ経験者ならレベルの低さにすぐ気付くと思うが、未経験者をヘンな色に染めないで欲しいと切に願う。
 
 遂にかような低レベルのオーナーセラピが現れてしまった。愛好家にとっても働くセラピたちにとっても、非常に不幸なことだ。これはメンズエステ業界全体が重大な局面を迎える前の、ひとつのシグナルなのか…。
 
 この街のようなメンズエステ激戦区では、遥かに上玉のセラピストを揃えていても苦戦することがある。言うまでもないが、どんな商売も甘くはない。それなのに、このレベル。大きな方向転換でもしない限り、この街に根を生やすことはできないだろう(足立区竹ノ塚辺りで90分9,000円ぐらいなら細々やってゆけるかしら)。
 
 僕のように騙されて訪れる新規客が一周し一段落したら、厳しい現実を知るはずだ。

 
■ 勘違いセラピストが誕生する背景とは
 
 冒頭でも触れたけれど、彼女にやる気がないわけではない。自分のお店を盛り上げようと、一生懸命(しかも楽しそうに)仕事をしている。自らのパネマジに対する後ろめたさのようなものが微塵も感じられない。悪気がない。
 
 だが僕はむしろ、その悪気のなさが怖い。完全にやる気のないバイト女性よりも、かようなセラピストのほうが僕に根深いダメージを与えるのだ。治りの遅い低温やけどのように。
 
 このオーナーセラピのような勘違い女性は、時代や環境が産んだような気もする。パネマジだろうが文句を言わずに金を払い、つまらぬ施術に耐え、クレームすることなく黙ってお店を後にする。僕のような鴨ネギ客が、勘違いセラピを産む土壌を作りだしているのかもしれない…。

 
■ 目には目を、強心臓には強心臓を・・・
 
 いつだったか、某店で仲良くなったセラピに聞いた話がある。彼女のお客さんのなかに「メンズエステで写真と”全く違う”女性が出てきたら、施術を受けずに”必ず帰る”」人がいると。僕はその話を聞き、彼の潔さと行動力を羨ましく思った。そのセラピも彼を認めていた。わたしも同じ立場だったらそうする、と。
 
 もちろんパネマジにも程度問題はある。以前ブログにも記したのだが、ハンバーガーショップチェーンの写真と実物ぐらいの差であれば、僕は受け入れようと考えている。どんな商品でも綺麗に見せるのが宣伝というもの。奇跡の一枚を掲載するセラピやオーナーの涙ぐましい努力を、笑って受け流す度量もときに必要だろう。
 
 しかしながら、スレンダー美人に見える写真や「モデルのような」とのコメントを掲載しているにも関わらず180度違う女性が現れたのなら、その理由を丁重に伝え(できることなら相手を納得させ)金を払わず施術を受けず帰ってもいいのではないか。いや、帰るべきではないのか。そのような思いが、心の片隅にずっとある。
 
 でも・・・
 
 言うは易く行うは難し。小心な自分にそれができるだろうか。目の前のセラピに悪い(意に反してパネマジされた彼女も被害者かもしれない)。トラブルが怖い。逆ギレされたら面倒だ。ほら、ルックスはアレでも施術は抜群かもしれないし…。毛をむしられた羊のように弱い心が、玄関先でパネマジ嬢と対峙する僕の足をすくませる。
 
 だが、しかし・・・
 
 怖くても勇気を出さなければ。だいたい悪いのはどっちだ。
 
 パネマジに屈せずに帰る彼や、自らパネマジしながら平然としている残念オーナーセラピのような強心臓を、僕も見習うべきなのだろう。騙されるのが、心の底から嫌ならば。

 
 * * *
 

 実はこれが200回目の体験記。記念と言えば記念なのだけれど、この内容に恥ずかしいやら情けないやら。いい加減に地雷を見抜く目を持てよ、何年通ってんだ。と、自分でも思う。
 
 ともあれ、今後ともエステ猿をよろしくお願い申しげます。

 
◆ 管理人のメンズエステ体験記200/某熟女店Y(東京都M区)編 [完]
 


 
↑この記事を気に入って頂けたらクリック投票してくれると嬉しいです。
 
※ この体験記は管理人(40代/エステ歴10年以上)の主観的なものであり、体験時の感想には個人差があります。また、同じ店舗でも担当スタッフや選択したコースなどにより内容が異なるケースもございます。尚、事実無根の批判や、誇大な美化表現などは一切しておりません。
 
※ 管理人による店舗の星評価は現在中断しております。

コメント

  • 心中お察しします。私も東京都T区I袋で似たような体験をしました。1人だけ指名料3000円という強気な設定につられたものの終始退屈な施術。うつぶせ状態で膝の裏を長時間なで続けるという謎の時間つぶしには閉口しました。かといって会話で盛り上げてくれるわけでもなく……。いまだつぶれていないところを見ると、ほかのセラピストが人気なのかな。
     

    2017/05/27 12:29 | ケツアゴくん

    • ケツアゴくん、コメントありがとうございます。

      膝の裏って私は意外と感じるのですが(笑)、長時間するものじゃないですよね。
      女性によって料金が違うのは分かりやすい面もあるけれど、内容が伴っていないとムカつきますよ。

      2017/05/27 18:59 | エステ猿管理人

  • 200回ご苦労です。申し訳ないですが今回も楽しく拝見しました。管理人さんは腹立たしいとは存じますが。でもこれこそがリアルであってこのサイトの面白さなんですよね。宣伝みたいなリポートなんか見てもつまらないですし。他のサイトで絶賛された所に行ってガッカリなんてこともありますしね。これからもご自分の嗅覚で我々にいろんな店を教えて下さい。

    2017/05/27 17:47 | オムっち

    • オムっちさん、コメントありがとうございます。

      申し訳ないなんて、とんでもない。私も皆様の失敗談を読むのが嫌いではないですから(笑)

      宣伝みたいなレポートも、それが宣伝と分かるのなら全然いいのですが、最近はどうにも・・・

      これからもマイペースで頑張ります。あたたかいお言葉に感謝です。

      2017/05/27 19:13 | エステ猿管理人

  • お疲れさまでした。こんな時ばかりコメントすみません(笑)。
    悪意のない勘違いほどやっかいなものはないですね。それとも短期決戦で逃げる算段なのか。
    それにしても会った瞬間に判断してその場で帰ることって難しいですよね。容姿でがっかりしても施術を受けてみたら意外と・・なんてこともありますし。
    ただいつぞやの件でも思いましたが、客側も不満は伝えないといけないことは確か。そういう強さが欲しいです。

    諸事情によりエステ訪問が少なくなっていますがサイトはいつも見ています。これからも頑張って下さい。

    2017/05/30 11:46 | ぎんなん

    • ぎんなんさん、コメントありがとうございます。

      おっしゃるように帰る帰らないの判断はすごーーく難しい。パネマジも程度問題だし、ルックスはいまいちでも技術は素晴らしいケースは多々ありますし。パネマジでごめんなさい的な後ろめたさのある、心根の優しい女性もいらっしゃいますしね。

      でも、実際に帰ることができるかどうかは別として「いざとなったら帰る」という思いは心の片隅に置いておくべきかな、と。大半の客が紳士的で(大人で)あることを逆手にとり、調子こいた商売をする強心臓オーナーもおられますから…。

      あたたかいメッセージありがとうございます。これからもぼちぼちやってゆきます。

      2017/05/30 12:37 | エステ猿管理人

  • そこ、訪問予定リストに入ってました(笑)

    あれは騙されますって・・・
    高身長で長い手足を使ったアレやコレやを妄想してましたw

    地雷は入ってみないとわからないので、遭遇したときはまず30分施術を受けてみてアカンかったら帰ります。
    中には意欲的な店やセラピもいて、不満点を指摘すると「ありがとうございました!次は後悔させないように頑張りますね!」なんて言われることもあり。
    やる気はあるけど、素で勘違いしてる人もいるみたいですよ(笑)

    まあでも新人や業界未経験者ならともかく、オーナーでそんな感じならもうあかんっすね・・・

    人柱ありがとうございましたw

    2017/06/01 09:28 | mossa

    • mossaさん、コメントありがとうございます。

      騙されますよね、あれは(汗)

      自身の魅力・実力を勘違いや過信しているだけならまだ救いがあると思うのですが、自らパネマジしてますからね…。不満を指摘してどうにかなる次元じゃない余りに酷いときは、私も途中で帰れるよう精進いたします(笑)

      2017/06/01 13:39 | エステ猿管理人

  • 昭和の女子プロレスラー体型の嬢が好きなかっぴーです(笑)。猿さんがこれ程までにこきおろしているというのも珍しいですね。行ってみようかどうしようか激しくお悩み中です。

    2017/06/05 22:36 | かっぴー

    • かっぴーさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

      ああ・・・個性的な彼女のスタイルに魅力を感じる男性も少なからず存在し、彼らには絶大な人気があるのかもしれない、そんなことも少し考えました。

      全否定するつもりはないけれど、やっぱり騙されたという思いが強いんですよね、私は。でも、好みは人それぞれ。訪問された際には是非ご感想をお聞かせください(笑)

      2017/06/05 23:55 | エステ猿管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

カレンダー

2017年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

エリア

アーカイブ

↑Pagetop