管理人のエステ体験日記

anciel アンシェル(人形町/小伝馬町) ※閉店
五分後の気配

  • 日本人
  • 一般

 人形町のメンズエステ『anciel(アンシェル)』へ。日本人セラピストのお店です。

 
【PR】千葉在住メンズの終着駅
 

 この辺りは小伝馬町・馬喰町・東日本橋などいくつもの駅から徒歩アクセス可能なので便利ですね。このお店は以前から気になっていたんです。初回料金が手頃で、投稿者様の口コミによりワンルームということもわかったし。ちなみに電話予約時は、先方は店名を名乗らないタイプの対応でした。
 
 ――同店には現在「ディープリンパコース」(期間限定?)があります。しかし私が訪問した時点では、まだこのコースは設定されていませんでした。ですからこれは当時の「スタンダードコース120分」のレポートです。少し前のレポートですが、よろしければお付き合いください。

 
小伝馬町アンシェル
 

 担当セラピは、若くて可愛らしい日本人女性。タイトなミニスカートに生足です。バストにボリュームがないせいかTシャツのサイズが合っていないせいか、胸元がゆるゆる。このゆるゆる感、好きな人は好きでしょうね。私も嫌いじゃないです。
 
 彼女の接客は丁寧で、しっかりした一面ものぞかせます。20代前半~中頃でしょうか。透き通った肌といい優しげな声色といい、好印象。
 
 若さゆえエステ技術に過度の期待は禁物ですが、それ以外の部分で楽しめたらいいな。そんな思いを胸に、手狭なユニットバスでシャワーを浴びます。アメニティーのなかに使い捨て歯ブラシがありました。いちおう歯を磨いておきます(むろん何も起こりませんが)。T型の紙パンツを履いて準備完了。

 
 ワンルームタイプの施術部屋は綺麗なものの、エアコンの効きが悪く少々寒いです。けれどヒートマットがあるので、なんとか凌げます。うつ伏せから施術スタートです。
 
 ・・・あれ?
 
 予想外に手つきがいい。期待していなかったけれど、揉みほぐしもオイルも悪くないです。「若いのにマッサージの筋がいいね」と、私はセラピを褒めました。
 
 これがいけなかったのかお店自体のシステムなのか定かではありませんが、うつ伏せのオイルが長~~い時間続けられます。鼠蹊部へ指先が伸びるのは、ほんの少し。筋は悪くないとはいえ本物のプロには遠く及ばないテクニックで遊び心も少ないため、すぐに飽きてきます。会話は楽しかったけれど…。

 
【PR】ワンランク上の皇帝コース【新橋】
 

 ようやく仰向けに。セラピは足の脛などを、ゆっくりとマッサージしてゆきます。基本的に彼女は、私との物理的な距離を取りたがる傾向にあるようです。うつ伏せ時も頭部前方に来ないですし。
 
 ワンルームだけに警戒されているのかしら。と、やや悲しくなります。こういうとき、ワンルームってメリットだけでなくデメリットもあるような気がしてなりません。
 
 流石にハラハラしてきました。彼女はべら棒に下手でも、態度が悪いわけでも、ぶちゃいくなルックスでもありません。いいこだと思います。
 
 けれどもマッサージだけで高額料金を取れるほどの手技があったり、見ているだけで心の底から癒されるグラビアアイドルのような特別な女性ではないのです。やはり何かしらの”イマドキのメンズエステ”要素を求めたくなってしまいます。

 
 と、「鼠蹊部のリンパを流します」コールが。ホッとします。セラピはお尻を私の顔の方に向け、お腹の上に乗ります。そうそう、こういうの、もっと早くやって欲しかったんだよー。でもしかし。鼠蹊部への侵入は極めて浅いです。多少でもスキンシップがあるのは嬉しいこと。でも、このままで終わるのは残念すぎます。
 
 私のお腹から降りたセラピは、「起き上がって、マットに座ってください」。
 
 ジ・エンド。

 
アンシェル 日本橋
 

 このあと首や肩を軽くトントンするか、はたまた背中のオイルを蒸しタオルでふき取って終わることを、私は覚悟しました。「料金が手頃なだけの、私が大嫌いな中途半端なメンズエステじゃないか!」と憤りかけていました。
 
 そのときです。セラピは私の背後からハグをするような体勢をとり、両手を鼠蹊部に伸ばしてきます。そのままリンパマッサージ。
 
 なかなかユニークな施術を隠し持ってんじゃないのー。と、一瞬、頬が緩みます。が、いかんせんここでも指先の侵入が浅いのです。ぬるいのです。しかも私の背中にセラピの胸がぴったりくっついているわけではなく、数センチの隙間があるのです。
 
「もっとくっつかないと手が届かないでしょ?」
オイルついちゃうから
 
 こちらの一石二鳥作戦はもろくも崩れ去ります。
 
 このリンパマッサージ。そのチャレンジ精神は評価するものの、細部が微妙で消化不良感いっぱい。思ったより楽しくも気持ちよくもならないので、これ以上の展開はのぞめないと判断し、普通に寝っ転がって時間いっぱいまで鼠蹊部リンパをお願いすることにします。むろんソフトなやつですが。
 
 このセラピはルックスや雰囲気も悪くないし、ゆるゆるの胸元も捨てがたいけれど、もう少し男心をくすぐることを覚えてくれたらなあ…。なんぞと思っているうちに施術終了です。

 
人形町アンシェル
 

 シャワーを浴びて部屋に戻ると、セラピはマット上のタオルのセッティングに夢中。お茶を飲みながら世間話を少々したのですが、セラピはどこか落ち着かない様子です。

 
「次の予約が入っているの?」
はい。10分後に
「10分後? すぐだね。休憩できないんだ」
そうなんです。もっと短い、5分後ぐらいのときもあります
「ご、5分?!」
 

 10分ならまだしもたった5分のインターバルで、セラピはゆったりした気持ちで仕事ができるものでしょうか。掃除やマットのセッティングだけでも数分は必要と思います。トイレにも行きたいでしょう。喉も乾くよね。
 
 別に自分が時短されたわけではないのですが、セラピから「早く帰ってくれないかな」オーラがにじみ出てしまっているのは事実(彼女を責めることはできないけれど)。施術後のお茶くらいゆっくり飲みたいのに。
 
 これでは客が数分でも予約時間に遅れたら、お店は簡単にパニックに陥ることが目に見えています。むろん予約時間に遅れることは全面的に客が悪いです。大遅刻の場合は何らかのペナルティーが科せられても文句は言えません。
 
 が、電車の遅延や急な電話、道に迷ったりで5分ぐらい遅れてしまうことはあるもの。ある程度のインターバルを取っているお店(普通はそうしますけど)なら、5分の遅れなど問題なく対処できる誤差の範囲だと思うのですが。
 

 回転重視の激安店やコスパ満点のアジアンエステなら多少のことには目をつぶります。けれど、初回のみ比較的リーズナブルなものの2回目以降はミドル~ハイクラスになる料金設定ですし、オーナーさん(HPでは”お客様第一主義”と謳っておられます)や予約担当スタッフさんには、もう少し客の気持ちも理解して欲しいなあ。
 
 同時に現場のセラピの気持ちも。同時にこのセラピには、男心も。
 

 客とのバッティングだけは避けたいので、そそくさと帰りました。
 

 ――残念ながら私はその魅力の片鱗しか味わうことができませんでしたが、いただいた投稿によるとセラピ次第では楽しめるお店のようです。――

 
【PR】スマホアプリで簡単予約【中目黒】
 

※同店は閉店しました
 
anciel アンシェル 人形町
 
◆ 管理人のメンズエステ体験記158/ anchiel アンシェル(人形町・小伝馬町)編 [完]
 


 
↑この記事を気に入って頂けたらクリックしてくれると嬉しいです。
 
※ この体験記は管理人の主観的なものであり、体験時の感想には個人差があります。また、同じ店舗でも担当スタッフや選択したコースにより内容が異なるケースもございます。尚、事実無根の批判や、誇大な美化表現などは一切しておりません。
 
※ 店舗の星評価は現在中断しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

エリア/カテゴリ

カレンダー

2016年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

↑Pagetop