管理人のエステ体験日記

陰毛カット&性感 東京プラザ(五反田発)
さらば中年の陰毛

  • 日本人
  • 風俗

 今年も、はや師走です。寒い。朝晩は冷える。おしっこも近い。
 
 朝、便所にいく。無駄に多い陰毛が、余った皮にからまっていた。引っ張り出し、それを便器に捨てる。ひらひらと落ちていく陰毛は、俺が狙った便器の中心部である水溜まりには入らなかった。洋式便器の枠の上に落ちた。かがんで拾った。腰が少しピキッとなった。
 
 俺は、陰毛を処理しようと思い立った。

 
五反田・東京プラザ
 

 このお店も「以前から存在は知っているけど、なんとなく縁がなくて未訪問」的店舗の中の一つ。以前は店舗型だったようだ。
 
 俺には「エステ体験記」書きの師と仰ぐ、二人の著名ブロガーがいる。二人とも、とうの昔に引退されてしまった。が、このお店が店舗型だった頃の、師のレポートはまだ覚えている。
 
 じゃあなぜ今まで訪問しなかったのかといえば、同じく五反田に頻繁に通っていた回春店が二件もあったからである。
 

「陰毛カット&性感マッサージ」という独自路線を築いた老舗、「東京プラザ」へ。

 
 予約電話の対応は女性だった。
 
 丁寧な受け答えだ。「トップレスコースもありますが?」と言われたが、今回は初回につき、スタンダードなノーマルコースを頼んだ。受付女性のトップレス姿が見たいと少し思った。
 
 紹介されたレンタルルームに向かう。
 
 初めて利用する部屋は設備がやや古いものの、ガラス張りのシャワールームが室内に完備されていた。2,000円程度の室料であるのだから文句もない。十分な部屋だ。
 
 お店に部屋番号を電話で伝えると、数分後に担当エステティシャンが到着。嬢でもセラピでもなく「エステティシャン」とキーボードで打ちにくい表現を選ぶのは、まさにエステティシャンっぽいからである。
 
 このお店は風俗営業店であるが、かような店舗でたまに遭遇する「アバズレ感」がまるでない。品がある。年齢は高めだが美人だ。美熟女と呼んでも差支えないだろう。エステティシャン御用達の黒ワンピースに、黒のタイツを履いていた。生足を拝みたかったが、寒いから仕方ない。俺はもう軽く勃っていた。
 

 シャワーを浴びる。
 
 ガラス張りのシャワールームの中から、美熟女エステティシャンが陰毛カットのセッティングをしている姿が見える。てきぱきと手際がいい。
 
 シャワーを終え、身体を拭く。
 
 エステティシャン(以降面倒なのでティシャンと省略)の指示でベッドに仰向けに寝る。どれぐらいカットするかを相談。俺は「普通で」と、無難な依頼をする。つまらぬ男である。

 
陰毛カット・東京プラザ
 

 陰毛カットがスタート。
 
 ティシャンは薄いビニール製の手袋をはめ、美容師のごとく器用に櫛とハサミを動かしていく。ちなみに美容師免許は持っていないそうだ。
 
 ナニにティシャンの手の腹が触れたり、ヘソの下を切る際はナニを指でつまんだり、睾丸を櫛とハサミでサワサワされたりするので、俺は半勃ちになっていた。ティシャンも半勃起には慣れているようで、何事もなかったようにカットを続ける。ときどき、先端のガマン汁をティッシュで拭く。
 
 ああ、楽しい!
 
 俺は心の中で叫んでいた。なんという悦楽。綺麗な美熟女に真面目に陰毛をカットされ、半勃起しても怒られない。堪らないシチュエーションである。
 
 カットした陰毛の先端を、線香の火で焼かれる。これによりチクチク感が少なくなるらしい。ジッ、ジッ、と陰毛が焼かれ、軽く焦げた臭いが漂う。
 
 おお、すっきり!
 
 前面のカットを終えた俺の股間は、見違えるようだった。
 お次は肛門周りである。
 
少し恥ずかしいかもしれませんが、四つん這いになってください
 
 全く恥ずかしくないどころか、出来れば自ら率先して行いたい俺は、四つん這いになる。
 
 肛門周りにハサミが入る。背徳的な悦びで、半から全勃ちになりそうな感じだ。しかし、動いてはいけない。デリケートゾーンに刃物や火が近づくのだ。肛門の毛がジッ、ジッと焼ける音がする。
 
お疲れ様でした。以上でカットは終了です

 

 鏡であらためて見てみる。若干ナニが大きく見える。爽快だった。
  
 そして、性感マッサージへ。
 
 再度ベッドに仰向けになる。
 
 ティシャンの細い手が、俺のナニをつつむ。ローションが垂らされる。ひんやりした。
 
どう? 気持ちいい?
 き、気持ちいいっす!
うふふ。こんなになっちゃって・・・
 は、はうぅっ!
 
 先ほどまでのティシャン感はどこ吹く風。いつの間にか痴情風になっている。美人は何をしても許される。当然エロも似合う。
 
 短い60分コースゆえに、性感の時間はそれほど残されていなかった。両手を使ったフルスピードのピストンに、俺はシーツを握る。
 
 ・・・ぐっ!・・・どぴゅん!・・・はぁ~~・・・
 
 残骸をティッシュでざっと処理してもらい、シャワーへ。
 
熱いお湯で流してから、ボディーソープを使うとよく落ちますよ」とのアドバイス通りに身体を洗い、陰毛を流した。金玉がつるつるしていた。回春マッサージ嬢が喜んでくれるかもしれないと思った。

 
 * * *
 

 着替えて挨拶し、お別れ。ありがとうございました。 
 
「あなたもトップレス、出来るんですか?」
 
 俺は最後に聞いた。どうやらトップレスコースを出来る人は限られているらしい。陰毛カットに重点を置く場合は、ノーマルコースのほうがいいかもしれないです。と言っていた。
 
 この美熟女のトップレス姿を見れないのは残念だが、俺は次回もノーマルコースでいいと思った。60分は性感の時間が短く少々慌ただしいので、90分のほうがゆっくり楽しめるかも。
 
 ああ、早く陰毛が伸びないものかしら…。便所にいくたび短くなった陰毛を眺めては、そう思っている。
 

http://tokyoplaza.biz/

 
~体験記122回 陰毛カット&性感マッサージ「東京プラザ」(五反田発)編≪完≫~
 

 
↑この記事を気に入って頂けたらクリックしてくれると嬉しいです。
 
※ この体験記は管理人の主観的なものであり、体験時の感想には個人差があります。また、同じ店舗でも担当スタッフや選択したコースにより内容が異なるケースもございます

 
※ 店舗の星評価は現在中断しております。

コメント

  • こんにちは。古い記事にコメントしていいのかわかりませんがここにコメントさせて戴きます。

    AKIBA PLAZAと迷ったのですがオリジナルであるこちらにいってきました。

    初めてなので面白く感じたのですが結果虎刈りみたいに見えるのですがこれが普通なのかしら?まあ下の毛はウェーブしてるししょうがないのかな?

    管理人さんの感想としてはAKIBAの方が良いですか?

    2019/10/21 18:02 | awesome

    • awesomeさん、コメントありがとうございます。

      陰毛の質や量によると思うけれど、ある程度短くすると自分も最初は多少まだらに見えます(さすがに虎狩りには見えません汗)。だんだん落ち着いて気にならなくなりますが。

      どちらが良いと言うよりも、両プラザは方向性が違いますからね。

      カット重視なら非風俗・店舗型のAkiba、風俗サービス重視なら東京になるのではないでしょうか。

      2019/10/21 18:43 | エステ猿管理人

  • 返信ありがとうございます。自分は毛量も多いし、太くて硬いし仕方ないのかもしれないです。

    今度伸びてきたらAKIBA PLAZAも行ってみたいと思います!非風俗なのに露出してカットしてもらうのも違った興奮がありそうですね。

    2019/10/21 20:03 | awesome

    • そうそう、過程が楽しいのです(笑)

      幸運を!

      2019/10/22 00:05 | エステ猿管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

エリア/カテゴリ

カレンダー

2014年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

↑Pagetop